躁鬱病の治療方法を知って症状をコントロールしよう

躁鬱病NET

心理療法

診断

マンツーマンで

躁鬱病の場合、原因がこころの部分だけでないとはいえ、薬治療だけではなく、やはり心理教育も必要になります。この病気の治療で行われる心理教育は、より患者が病気に対しての理解を深め、主体的に病気の改善ができるような内容のものがほとんどです。医師と患者がマンツーマンで話合いながら病気に対する情報共有を行いますが、人によっては家族を交えておこなう場合もあります。心理教育は精神疾患を患う人にはかなり重要となるので、前向きに辛抱強く治療を行っていくにもかなり重要なものといえます。基本的にはマンツーマンで行いますが、今では先輩患者が自身の経験をもとにして、現在の躁鬱病患者に対処法などを教える方法もあります。心理教育によって自分自身に取り込んだ知識を日常生活で活かしていくことによって、より躁鬱病の症状をコントロールできるようになります。

その他の治療

その他躁鬱病の心理療法として行なわれている治療には、認知行動療法や対人関係療法、社会リズム療法などが挙げられます。認知行動療法では、躁鬱病によって起こる症状が原因で否定的になることを予防する効果があります。日常生活で物事に対する捉え方を変えることによって、日常生活への順応性を高めることが可能になります。鬱病関連の病気になってしまうと否定的になる人が増えていくのでこの治療は重要だといえます。対人関係療法では、周囲の環境の変化に応じて、対処方法を患者と一緒になってシュミレーションして考えるという方法です。日常生活で発生する周囲の環境の変化を事前にシュミレーションして考えることによって、実際にその状況下に陥った時に対人関係を正しく捉えることが可能になります。社会リズム療法では、患者の起床から食事、睡眠までの流れを記録していき、日々リズム正しく生活できるように、乱れが出たら修正していくという方法になります。

躁鬱病とは具体的にどういった病気なのか

躁鬱病という言葉自体は知っていてもその詳しい内容まで熟知しているとい人は少ないのではないでしょうか。何となく、うつ病と似たような精神的に病なのだろうと思っている人もいるかもしれません。 ですが、この躁鬱病、原因もその治療法もうつ病とは全く異なる病なのです。そもそも、ストレスが主な原因としてあげられるうつ病に対して躁鬱病は原因が未だに特定されていません。ストレスが一因という話も中にはありますが、それがすべての発端というわけではないため原因をすべて取り除くことは不可能なのです。 症状の場合も違いは歴然で、うつ病に比べて躁鬱病は躁状態と鬱状態を期間中に繰り返すことになるため、本人はもちろんですが周りの人間も精神的に負担、体力的な負担が大きくなってしまうのです。

ではどうやって治療を進めていけばいいのか

そんな辛い症状の多い躁鬱病ではしっかりと治療を始めていれば症状の進行を防ぐことができますし、何より症状を的確にコントロールすることが可能になっているので治療を進めながらでも日常生活を送ることができます。 基本的に躁鬱病の治療は軽いものであれば1年程度の薬物療法で完了します。ただ、ここで注意が必要なのはこの病気は他の精神疾患に比べても再発がしやすく、比較的長くその予防治療が必要になるということです。 つまり、躁鬱病の症状が完全に消えたとしてもその再発を防ぐためにある程度の期間は薬を飲み続け馬ければならないということです。 もちろん、担当する医師が薬の服用がもう必要ないというのであればそれも必要ありませんが、その判断が下されるまでは自己判断で薬の服用を中断するのはやめた方がいいでしょう。

↑ PAGE TOP