躁鬱病の治療方法を知って症状をコントロールしよう

躁鬱病NET

薬物治療

悩む女性

中心となる薬

躁鬱病の治療をするにあたって使用されている薬の中でも、ほとんどの人が気分安定薬と呼ばれる薬を服用しています。この薬に入っている成分が脳神経に大きく影響を与える為、躁の症状と鬱の症状の気分の波を小さくすることができます。服用することによって気分の波をコントロールすることが可能なため、再発予防にも効果が高いと言われています。躁鬱病と判断され、治療のはじめのうちから使用されることがほとんどなので、症状初期の人も症状が大きい人も服用することが多くある薬です。躁の症状にはかなり個人差があるので、激しい人であれば妄想や幻覚をみる場合もあります。そういった症状がでてきた人であれば、高精神病薬も利用して治療を行うことがあります。

その他の薬

躁鬱病の治療で用いられる薬は、気分安定薬の他にも抗精神病薬や抗うつ薬、睡眠薬などがあります。特に抗精神病薬は躁鬱病の症状である気分の高揚によって起こる行動を抑制する効果が高いとされています。精神を安定させる効果が高いので、イライラを静めて気持ちを穏やかにすることができます。それによって通常と同様に物事を判断できるくらいまで落ち着くとされています。海外ではこの薬によって躁鬱病だけではなく鬱病にも効果があり、再発予防もできるという研究がでていますが、日本で使用できる同様の効果のある薬剤は1種類のみです。他にも人によっては抗うつ薬や睡眠薬を併用して治療に励む人も多くいます。特に睡眠薬の場合、気分の波によって不眠の症状がみられた人に使用されますが、あまり服用を続けると、急に薬をやめた時に全く眠れなくなることもあるので少しずつ辞めていく必要があります。

躁鬱病には、いくつかの治療方法があります。

躁鬱病は、双極性障害とも言われます。しっかりと治療すれば良くなる病気です。 いくつかの治療方法をご紹介します。 ひとつは薬物療法です。薬物といっても、それぞれの症状に応じて組み合わせて使用します。抗精神薬、抗うつ薬、睡眠薬、気分安定薬などです。 気分安定薬は、躁鬱病の治療の中心となる薬です。文字通り、気分の波を落ち着かせ安定させる効果があります。 睡眠薬については、急にやめてしまうと眠れなくなってしまうことがあるため、調整しながら少しずつ減らしていくことになります。 躁鬱病は再発の可能性が高いために、症状が改善されてきたといっても、しばらくの間は薬を服用し続ける必要があります。処方された薬は、自己判断で勝手に止めたり、減量したりせずに、医師と相談しましょう。 そして、治療には精神療法もあります。薬だけでなく、こちらも治療の中心となります。

家族などの周りの協力が必要になります。

躁鬱病を患っている本人は、自覚がないことが多いです。鬱のときは、自己嫌悪に陥ったり気分が沈み、躁のときは絶好調ととらえます。 自分が自覚できていなくても、周囲からみてみたら違和感を感じることもあります。躁のときには、家族や周囲に対して暴言を吐いたりして傷つけることがあります。社会に対してとなると、信用がなくなり仕事ができなくなることもあるのです。 周りからみてみて、ちょっと様子がおかしいなと感じたらインターネットでもいいので調べてみてください。 そういった周囲の協力によって、治療を始めることができるのです。改善していけば、躁鬱の症状に振り回されることもなくなり、何より本人が健康になります。 少しずつ一歩ずつ、治療していき焦らずに治していきましょう。

↑ PAGE TOP